Home » オルメテックの有効成分はオルメサルタン

オルメテックの有効成分はオルメサルタン

オルメテック オルメサルタンは、高血圧の治療薬です。
オルメテックは、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬に属する医薬品なのですが、このタイプの薬は値段がとても高いです。
あまりに値段が高いために、効果があることはわかっていても、実際の治療にはなかなか用いることができずにいました。
しかし、オルメテックジェネリックであるオルメサルタンメドキソミルが登場してきたことによって、一般への浸透が目立つようになってきました。

 オルメテックもオルメサルタンメドキソミルも、その有効成分はオルメサルタンメドキソミルです。
なぜ高血圧になってしまうのかという根本的な原因は、今だに判然としていません。
生活習慣が原因だという説がある一方で、過剰なストレスによって自律神経の働きが乱れた結果発症するという説もあります。
また、そもそも何らかの原因疾患が別に存在しているというような場合もありますし、遺伝適要因も考えられます。
しかし、原因が何であるのかに関わらず、高血圧になるメカニズムはわかっています。
実は、アンジオテンシンⅡの働きによって高血圧になっています。
つまり、このアンジオテンシンⅡの作用を直接受けるアンジオテンシンⅡ受容体の働きを阻害することによって、血圧を下げることが可能なのです。
その考えに基づいて開発されたのが、オルメサルタンメドキソミル製剤です。

 服用後の人体にどのような作用があるのかと言いますと、血管を拡張させると同時に、体内に存在している水分や電解質の量を調整します。
その結果、血管にかかる負荷がグッと減りますので、血圧が低下します。
また、心臓病や腎臓病を予防する効果もあると言われています。
一般的に、少量の利尿剤との併用は有効だと考えられていますが、忌避すべき薬剤もあるので、医師の指導を受けながら服用するのが望ましいです。

↓アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬が合わない方に
アダラート